①きめ細かいヒアリングがスタート地点

実際の売り場の状況や他社競合商品の情勢、商品の差別化ポイントなどを詳しくヒアリングさせていただきます。POPは見る人の購買行動を直接的に促す“最後の一押し”。より正確に・端的に消費者が求めている情報を提示する必要があります。それがお客様の商品・サービスの場合何であるのか? その売り場においては何が適切か? お客様とともに考えながら企画の構成に取り掛かります。お客様との話し合いや過去の実績からヒントをすくいあげ、企画の柱を組み立てていきます。

 

②コンセプト・ビジュアル案のご提案

 ヒアリング内容を元にコンセプトを明文化し、それに沿ったビジュアル案をご提案いたします。お客様の商品が持つブランドイメージ・企業イメージを踏まえつつ、ユーザー目線を徹底し、売り場などさまざまなシーンで端的に素早く伝わるビジュアルを制作します。なお、ご要望に応じて、テイストや表現手法の異なる複数のアイデアをご提案することが可能です。ここでお客様からフィードバックをいただきながら、材質・形状などを含め、より具体的に方向性を定めていきます。

 

③デザイン

コンセプト・ビジュアル・形状等の仕様が決まったら、それらを元にデザインの実制作へ入ります。商品のシズルカット撮影やコピーライティングが必要な場合は、企画立案したプランナー・ディレクターが社内外の専門スタッフへ一括手配し、制作進行をマネジメントします。お客様へのご確認と修正を重ね、最終形のデザインへとブラッシュアップしていきます。

 

④サンプル作成・印刷加工

仕様とデザインが確定した後、選定した素材に実際の印刷・加工を施してPOPのサンプルを作成します。素材によってはデザインや写真の色調がうまく表現できなかったり、設置強度を保てなかったりする場合があるので、サンプルによる事前確認が必要なのです。主に弊社プリプレス担当者がこうしたサンプル作成や印刷・加工の工程を管理し、納品まで厳しい目で品質をチェックします。